文章の基礎

文章の基礎

伝わる文章にするための注意点

伝わる文章にするための3つの注意点  ①思いついたことをそのまま書かない  文章を書いているうちに、つい思いついたことを書いてしまうことがあります。 その表現は浮いてしまったり、意味が違ったりして、伝えたいことが明確に伝わらな...
文章の基礎

意味が二通り受け取れる文について

意味が二通り受け取れる文について 意味が二通り受け取れる文というのは、誰もがやってしまいます。 知らず知らずのうちに書いてしまうミスの一つです。 意味が二通りに受け取られてしまう文は、読み手も知らず知らずのうちにどちらかの意味...
文章の基礎

意味の広い言葉はできるだけ使わない

意味の広い言葉はできるだけ使わない 意味の広い言葉っていきなり言われても何だかわかりませんよね? 言いたいことの意味が複数受け取られてしまう言葉のことです。 例えば、「 海に行った 」と書いてあります。 その海は、砂浜?...
文章の基礎

修飾語は被修飾語の直前に置くようにする

修飾語は被修飾語の直前に置くようにする 修飾語は言葉を飾る単語です。 修飾語を使うことによって、より詳しく表現できます。 『 女性が立っている 』を修飾します。 『 ドレスを着た女性が立っている 』こうすることによって...
文章の基礎

列挙するときは品詞をそろえる

列挙するときは品詞をそろえる  全ての単語は品詞です。 その品詞は名詞や形容詞などに分類されます。 他にも、助詞、動詞、副詞などがあり、全部で11グループに分類されます。 それで列挙するってどういうこと? これから...
文章の基礎

「 てにをは 」は、文章をくり返し読んで身につける

「 てにをは 」は、文章をくり返し読んで身につける 『 てにをは 』聞かなくなりましたね。 海で 真実に 人を 私は  上記のように、『 て に を は 』を用いているから『 てにをは 』と言うわけではありません。 漢文...
文章の基礎

かみ合った文章にするために 述語を抜かない 一貫性 因果関係

かみ合った文章にするために  ここではかみあった文章を書くための方法をお話します。 文章をかみ合わせること。 3点紹介します。  ① 述語を抜かない  主語はなくても文は始まりますが、述語なしで文は終わりません。 ...
文章の基礎

食い違いのない文章にするために、主語と述語、目的語と述語のかみ合わせを確認する 

食い違いのない文章にするために 主語と述語 目的語と述語 文章もかみ合わせが大事です。 ここでは食い違いのない文章を書くための方法を2つ紹介します。 ① 主語と述語のかみ合わせ ② 目的語と述語のかみ合わせ  ① 主語...
文章の基礎

文章を簡潔にするには、なにしろ削る

文章を簡潔にするために ここでは分かりやすい文章を書くための方法をお話します。 なにしろ文章は簡潔にすること。   ① 一文をできるだけ短くする   一文とは、文を書き始めてから句点「 。 」をうつまでです。 人は...
文章の基礎

文章力を付ける為にあなたがすべき事

文章を書く心構え  先ずは、文章の技術ではなく心構えをお話します。 文章の勉強をしていると「 視点 」という言葉が出てきます。 この視点って一体なんでしょう? 視点とは? 1 視線の注がれるところ。 2  物事を見た...
タイトルとURLをコピーしました