文章を簡潔にするために 一文をできるだけ短くする

文章一文 文章の基礎

Twitter でフォロー

 

『 文章を簡潔にするために 』

① 一文をできるだけ短くする

ここでは分かりやすい文章を書くための方法をお話します。

なにしろ文章は簡潔にすること。

その 1 です。

一文とは、文を書き始めてから

句点「 。 」をうつまでです。

「文、文章、文書ってどう違うの?」の記事で解説していますが

改めて記事にします。

人は文章を読む時に、

句点が打たれるまでを一つの意味のかたまりとしてみます。

なので、

長ければ長いほど

何を伝えたいのかを理解するのに時間がかかります。

文章を書いたら、

どこかに句点を打てないか確認して下さい。

例文

僕の職場では安全研修講座を受講することが義務付けられていて、一年に少なくとも二回は全職員が研修を受けなくてはならいのだけれど、僕は非常勤なので研修の告知を無視していたところ、担当者が来て、非常勤でも受けてほしいって言ってきたので、仕方がないから補修を受けた。

のらりくらりと長い一文です。

何が言いたいのかハッキリしません。

それに、ただの独り言に聞こえます。

手直し

僕の職場では安全研修講座を受講することが義務付けられている。

少なくとも一年に二回、全職員が研修を受けなくてはならない。

でも、僕は非常勤なので研修の告知を無視していた。

すると担当者が来て,非常勤でも受けてほしいと言ってきた。

仕方がないので補修を受けた。

このように句点をうつことで、

言いたいことがハッキリと分かります。

次 「 意味が重複している言葉を削る 」

 

『 元飲食店マネージャーが教える美味しい食レポを書く方法 』

ココナラというスキルマーケットで販売しています。

食レポに特化していますが、様々な体験記や映画などのレビューにも応用できます。

興味のある方は、先ずはこちらを。

元飲食店マネージャーが教える美味しい食レポを書く方法