コピーライティングは信じてもらうために言い切る

コピー3 コピーライティング

Twitter でフォロー

 

『 コピーライティングは信じてもらうために言い切る 』

コピーライティングで大事なことは、

信じてもらえる文章を書くことです。

信じてもらえる文章を書くにはどうしたらいいのか?

それは言い切ることです。

何故、

言い切ると信じてもらえる文章になるのか、

お話します。

近年、

言葉をあやふやにする人が多くなっています。

ぶつかり合いをさけるために言い切らないことも必要です。

でも、

言葉は伝えたいことを伝えるために発するものです。

何が言いたいのか分からないと、

言葉本来の目的を果たせません。

特にコピーライティングでは言い切って下さい。

あなたの伝えたいことをしっかりと伝えるためです。

こんなプロポーズの言葉はどう思いますか?

「 僕は君のことを幸せにできると思う。っていうか、そうしようと思っているし、幸せにできるように頑張るつもりだけど、この先って何があるのか分からないし、でも何かあったら守れたらいいな、とか思っているんだ 」

正直な気持ちなのかもしれませんが、

こんなプロポーズをしたらフラレます。

と言うか、

プロポーズに聞こえませんよね?

「 僕は君を幸せにする。何が起こっても必ず守る 」

こう言い切った方が意志の強さを感じさせます。

それに

プロポーズをしていることがはっきりと伝わりますよね?

言い切らないということは、

このプロポーズと同じくらい相手に不安を抱かせます。

また言い切れないのは自信がないからです。

自信は根拠という裏付けがあってこそ持てるものです。

文章を書く時は、

調べて、考えて、あなたが納得してから記事を書いて下さい。

この作業をすることで自信をもって言い切ることができます。

信じてもらえる文章を書くための第一歩です。

前 「 コピーライティングの本質 」

無料・ネットビジネスメール講座
ネットビジネス初心者さま向け、26日間で完結の無料メール講座です。

お申込みはこちらから ↓
無料・メール講座

詳しくはこちらから ↓
無料・ネットビジネス講座