文章力を付けることは難しくはない

文章力をつける 文章の基礎

Twitter でフォロー

 

『 文章力を付けることは難しくはない 』

「 自分には文章力がないんですよー 」

たまに聞きます。

そう言う人のほとんどが誤解しています。

そもそも文章力ってなんだろう?

素朴な疑問ですよね。

お答えします。

文章力とは、

あなたの伝えたい事を、伝えたい人に、文字で伝える力です。

難しい言葉を多く知っていて、

それらを器用に使いこなせる事が文章力ではありません。

語学力は小学校5年生レベルであれば大丈夫です。

どうですか? 

それなら難しくはないでしょう?

2008年にフジテレビ系列で放送された

『 CHANGE 』( チェンジ )というドラマがありました。

木村拓哉さん主演の連続ドラマです。

小学校5年生の担任が国会議員になり、

そして総理大臣になるという内容です。

このドラマの中で、

難しい言葉ばかりを使って話す国会議員にたいして、

「 僕を小学校5年生だと思って説明して下さい 」

というセリフがあります。

これが大事なポイントです。

人は難しい言葉を使われると、

とりあえず分かったふりをしてしまいます。

意味を質問すればいいのですが、

分らないまま聞き流す人がほとんどです。

それは、

質問するとバカだと思われるから。

バカだと思われるのが嫌だから、

聞き返さずに済ませてしまいます。

これが聞き返さない理由のほとんどです。

( 話の流れを止めない気配りだとか、聞き返すのが面相臭い、などもありますけどね )

自分にはわからない言葉ばかり使う人の話が

面白いはずがありません。

実際の国会中継などを見て面白くないのは、

討論している話の意味が分からないからです。

知らない単語がたくさん出てくるからです。

面白いと思ってもらうには、

先ず分ってもらうことが必要です。

以前、屋外イベントの脚本を書かせていただいたことがありました。

通りすがりの人たちも立ち止まって観てもらえるような

お芝居にしたかったのですが、

音響設備の都合で、

後ろの方の席になると音が届かずに

セリフが聞こえない状態になってしまいました。

前の方に座って観ていた人たちは

面白がって盛り上がってくれました。

でも、

通りすがりの人は立ち止まってくれるのですが、

何をしゃべっているのか分からないので

結局通り過ぎてしまいました。

いくら面白いお芝居をしていても、

通りすがりの人に内容が伝わらなければ、

ただ

「 何かお芝居みたいなことをしている 」

だけになってしまいます。

あなたが、

とても役立つ情報を書いたとしても、

読んでくれる人に言いたいことが伝わらなければ、

ただ

「 何か難しいことが書いてある 」

と思われてしまうということです。

文章の基礎などについて書かれた書籍などを見ても、

「 小学校4年生でも分かる文章にすることが大事 」

と記載されているものが複数あります。

先ずは

多くの人に分かる言葉を使って書く

ことを意識して下さい。

それが文章力を付けるための第一歩です。

次 「 文、文章、文書ってどう違うの? 」

『 元飲食店マネージャーが教える美味しい食レポを書く方法 』

ココナラというスキルマーケットで販売しています。

食レポに特化していますが、様々な体験記や映画などのレビューにも応用できます。

興味のある方は、先ずはこちらを。

元飲食店マネージャーが教える美味しい食レポを書く方法