ネットビジネス初心者のための「 コピーライティングって何? 」

コピー1 コピーライティング

Twitter でフォロー

 

『 ネットビジネス初心者のための「 コピーライティングって何? 」 』


ここでは、

「 コピーライティングって何? 」に答えると共に、

コピーライティングとキャッチコピーとの違いについてお話します。

◇ はじめに

「 コピーライティング 」という言葉を

初めて耳に( 目に )したときにあなたはどう思いましたか?

「 コピーライティング???? 」って、

頭の中に?がイッパイでてきませんでした?

ブランディングとかならなんとなく分かりますよね?

  • ブランディング  →  ブランド
  • ターゲティング  →  ターゲット
  • クロージング     →  クローズド

こんな感じで連想できます。

それが、

コピーライティング  →  コピーライト?

聞きなれない言葉ですね。

これから説明していきます。

◇ キャッチコピー

僕が「 コピーライト 」という言葉から、

ちょっと強引に連想したのは糸井重里さんです。

糸井さんはタレント活動などもされているコピーライターです。

糸井さんの書いたコピーはきっと耳に( 目に )したことがありますよ。

ジブリ映画のコピーも手掛けています。

少しだけ紹介しますね。

  • 「 紅の豚 」  カッコイイとは、こういうことさ。
  • 「 おもひでぽろぽろ 」  私はワタシと旅にでる。
  • 「 千と千尋の神隠し 」  トンネルのむこうは、不思議の町でした。
  • 「 となりのトトロ 」  このへんないきものは まだ日本にいるのです。たぶん。

話がそれていくのでこの辺で。

これらの文もコピーライティングの文ですが、

その中でも「 キャッチコピー 」と呼ばれるものです。

一応、分けてお話していきますね。

◇ コピーライティング?

そもそもコピーライティングとは、宣伝文を書くことです。

またその文を書くための技術です。

買ってほしい商品・サービスがある。

そこで、買ってもらうための文章を書く。

その文章をお客さんが読んで

「 欲しい、買いたい 」と思う。

この「 欲しい、買いたい 」と思ってもらうための文章術が

コピーライティングです。

◇ キャッチコピーとの違い

キャッチコピーは掴みです。

先ず、興味を引かせるための言葉です。

トトロにしても、

今は多くの人が知っています。

でも、公開前は当然のように

「 トトロってなに? 」という状態です。

それを糸井さんが上手く表現してしっかりとつかみました。

子供がそのキャッチコピーを耳にしたら、

トトロに会いたくなり「 映画館に行きたい 」と

親にせがんだに違いありません。

このようにキャッチコピーにも強い力があります。

というか、キャッチコピーで目を引きましょう。

そうすれば、

その下に書いてある肝心な文章も読んでもらえます。

わけて考えている人もいますが、

キャッチコピーはコピーライティングの中に含まれている。

と、僕は考えています。

◇ コピーライティングですべきこと

あなたがこれから書く文章は、

より具体的に商品・サービスの価値を伝えることをしなければいけません。

例えば、

「 一生困らない文章術を教えます 」と

キャッチコピーが書いてあったとします。

それを見て興味は持っても、

その言葉だけではお金は払いませんよね?

どんな内容でどのように役に立つのか? 

果たして自分に必要なのか?

そのようなことを考えるはずです。

コピーライティングはこれらの疑問に先回りした文章を書きます。

そして、「 欲しい、買いたい 」と

思ってもらうのです。

あなたの商品・サービスの良さをしっかりと伝えていきましょう!

次 「 ネットビジネス初心者のための『 コピーライティングで出来ること 』 」

無料・ネットビジネスメール講座
ネットビジネス初心者さま向け、26日間で完結の無料メール講座です。

お申込みはこちらから ↓
無料・メール講座

詳しくはこちらから ↓
無料・ネットビジネス講座