ターゲティングの第一段階と「 オールターゲット 」はダメという話

ターゲット2 ターゲティング

Twitter でフォロー

 

『 ターゲティングの第一段階と「 オールターゲット 」はダメという話 』

僕は以前、

映画やテレビドラマのプロデューサーさまと

企画書のやり取りをしていたことがあります。

その時に学んだ企画の立て方が、

まさにターゲティングなので紹介します。

先ずは、

ターゲット層のシンプルな分け方を、

次にオールターゲット設定はダメということをお話します。

◇ ターゲット層の区分

F1とかM3とか耳にしたことはありますか?

これは男女の別と年齢層です。

そもそもエンタメ業界で使われていた専門用語だったのですが、

近年ではいろいろな業界でこのように分けるようになりました。

F1 女性 M1 男性 20~34歳
F2 女性 M2 男性 35~49歳
F3 女性 M3 男性 50歳以上
T 男女 12~19歳
C 男女 11歳まで

Fはfemale(女性)Mはmale(男性)Tはteen(青少年)Cはchild(子供)です。

色々な業界で使われるようになっただけあって、

ターゲット設定をおこなう為に適した区分けになっています。

あなたがターゲティングをする際には最初の目安にして下さい。

◇ 放送の枠

「 ゴールデンタイム 」とか「 プライムタイム 」

と言う言葉を耳にしたことはありますか?

19時台から21時台が「 ゴールデンタイム 」

22時台が「 プライムタイム 」です。

23時台以降を「 プラチナタイム 」または「 プラチナゾーン 」

と言うこともあるようですが、

「 深夜枠 」と呼ぶのが多数派です。

テレビドラマは枠ごとに番組の振り分けを考えます。

例えば、

深夜に子供向けの知育アニメを放送しても

観る人はほとんどいませんよね?

深夜に放送するドラマは若い層に向けて作られます。

なので、

ちょっと刺激の強いドラマなどを制作します。

視聴率を上げるためにはターゲットにする視聴者層をしっかりと決めます。

余談ですが、

映画やドラマなどの企画書には、

「 ターゲットはF1です 」などと書きます。

その企画に携わるすべての人が、

どの層を狙ったのかを共有して

それぞれの仕事をするためです。

あなたもターゲティングをする時は、

上記の区分けを第一段階にしてみて下さい。

◇ オールターゲットはダメ

上映、放送したら全ての層から支持された。

という映画やドラマが実際にあります。

だからといって、

ターゲット設定をすべての視聴者層にしたのかというと、

それは違います。

制作するときには

「 この層に観てもらいたい 」

という設定がされています。

時には「 F2とF3がターゲット 」というように、

複数の客層を設定することもあります。

でも、「 全ての客層がターゲット 」などと、

オールターゲットを設定することはありません。

例を上げます。

2004年から韓流ドラマがブームを起こしました。

日本で放送するにあたってターゲットにしたのは「 F3層 」です。

当時放送された韓流ドラマの設定が、

F3層が若いころの日本に通じるところがありました。

観た人が「 懐かしさ 」に似た感覚を味わえることもあって支持されました。

それが浸透してF2層、

そしてF1層にも影響を与えたのです。

また、韓流時代劇などは

M1層からも支持されました。

以下のような流れです。

1 狙った層から絶大なる支持を受ける。

2 他の視聴者層が興味を持ち視聴する。

3 内容がよかったのでその層も支持をする。

4 評判になって別の層も興味を持つ。

これが複数の層から支持されるときの流れです。

いきなり複数の層から支持されるわけではなく

順番に浸透していくのです。

このことから分かるように、

オールターゲットにしてしまうと、

絶大なる支持をする層が現れません。

なので、

他のどの層にも浸透していかないのです。

また、

すべての層を狙うということと

ターゲットを設定しないということは、

真逆のようですが、

同じ結果にたどり着きます。

欲張ったり、あいまいにせずに、

しっかりとターゲット設定をしましょう!

以上、

ターゲティングの第一段階と「 オールターゲット 」はダメという話

でした。

前 「 ネットビジネス初心者のための『 ターゲティングって何? 』 」

次 「 ターゲティングの第二段階以降 」

無料・ネットビジネスメール講座
ネットビジネス初心者さま向け、26日間で完結の無料メール講座です。

お申込みはこちらから ↓
無料・メール講座

詳しくはこちらから ↓
無料・ネットビジネス講座