ターゲティングの注意点 ~ 僕がやらかしたターゲティングのミスについて語る

ターゲット3 ターゲティング

Twitter でフォロー

 

『 ターゲティングの注意点 ~僕がやらかしたターゲティングのミスについて語る 』

赤っ恥をさらすのも如何なものかと思いましたが、

あなたも同じミスをする可能性は充分にあります。

僕がターゲティングをする時にしてしまったミスを記事にまとめました。

反面教師にしてターゲティングの参考にして下さい。

僕のサイトはネットビジネス初心者向けサイトです。

その中でも主に「 文章の技術に 」力を入れていく予定でいます。

でも、たまに「 ワードプレス 」とか

「 就活生応援記事 」なども書いています。

「 ワードプレス 」はネットビジネスに必要だから有りとしても、

「 就活生の応援記事 」はターゲットから大きく外れていますよね?

※ 2020年7月 現在 やはり就活にも力を入れることにしました。

この就活生応援の記事を書いたのには訳があります。

ドメインを取得してサーバーの契約をしても、

僕はなかなか記事を書きませんでした。

すると師匠から

「 なにしろコツコツ記事を書いて積み上げていくことが大事です 」

と言われました。

書けないということではなくて、

改めて勉強したり、サイトの全体像を考えたり、

記事を書くための下書きをしたりしていました。

でも、師匠いわく、

「 最初は質より量です。とにかく書いて公開して下さい 」

ということでした。

その時たまたま目についたのが

「 企業説明会解禁 」

という新聞記事でした。

僕は人事をしていたことがありましたし、

就活生の相談にもよくのっていたので、

「 この記事にのっかって書こうかな 」と思い、

最初の記事を書きました。

それから少しずつ他のカテゴリーの記事も書いていきました。

そして、ミスに気が付きました。

画像を見て下さい。

カテゴリーの一覧です。

赤丸で囲んだ【 就活 】が就活生応援記事の入っているカテゴリーです。

何も知らないでこのサイトに来た人が

このカテゴリーを見たらどう思うでしょう?

「 就活生に向けた文章などのサイトだな 」そう思うはずです。

サイトの紹介などを読んでもらえれば違うことは分かりますが、

果たしてどれだけの人が読むでしょうか?

最初から吟味なんてしません。

パッとサイトのページ全体を見て判断します。

第一印象ですべて決まると言っていいです。

そこで「 就活生のためのサイトだな 」と判断して、

もう二度と来てくれないでしょう。

これはしっかりとターゲティングができていなかったから起きたミスです。

誰のためのサイトなのか?

誰にお客さんになってもらいたいのか?

それを外してしまったわけです。

僕はターゲットを意識せずに、

自分の得意分野の記事を書いて公開してしまいました。

全く記事を書いていなかったので、

ブログを書く練習も兼ねて書いたのです。

「 取り合えず書いて損はないだろう 」そう思いました。

旬の話題ですし、

悩んでいる就活生も多いですから、

「 ひょっとしたらアクセスがあるかもしれない 」

などというほのかな期待もしました。

でも、これが大失敗だったのです。

これはプラスマイナスゼロな意味の無いことをしただけではなく、

もしかしたら僕のお客様になっていたかもしれない人を逃した

という大きなマイナスになるミスだったのです。

「 ネットビジネスを始めてみよー。でも、文章力に自信ないしなー 」

そう思っている人が訪問してくれてもカテゴリーの一覧を見たら

「 なんだ、就活生向けサイトか 」

そう思って他のサイトに行ってしまいますよね?

いやーやっちまいました。

このような事がありますので、

あなたもターゲティングは早い段階で、

かつ正確におこないましょう!

以上、

ターゲティングの注意点 ~ 僕がやらかしたターゲティングのミスについて語る

でした。

 

無料・ネットビジネスメール講座
ネットビジネス初心者さま向け、26日間で完結の無料メール講座です。

お申込みはこちらから ↓
無料・メール講座

詳しくはこちらから ↓
無料・ネットビジネス講座