文章の構成 ~ 起承転結を簡単に解説 ~

起承転結 文章術

Twitter でフォロー

 

『 文章の構成 ~ 起承転結を簡単に解説 ~ 』

物語を組み立てるのに適しているのは

起承転結 』です。

簡単に説明します。

問題が起こる
問題が大きくなる
問題が解決する
その結果( 例えば、めでたしめでたし )


ありがちな青春ものを当てはめてみます。

好きな女子の前でいじめっ子にやられる
トレーニングをする
いじめっ子と対決して倒す
女子から見直される

 

注意して欲しいのは、

起承転結は話を4等分にするのではないということです。

映画などは『 承 』の部分が全体の8割を占めています。

2時間ある映画の8割は96分です。

96分、

ひたすらトレーニングを見せられても

あきてしまいますよね?

トレーニングにアイディアを持たせたり、

学校とか、家とか、好きな女子とか、

何かしらの問題を入れて飽きさせないようにしています。

そして、

中だるみをしないように、

中間くらいで今一度いじめっ子と対決をさせたりして

盛り上げます。

もう少し掘り下げます。

映画やドラマには

細かい起承転結がたくさん入っています。

例えば、

刑事が犯人を見つける
後をつける
気づかれる
取り逃がす

警察署に戻る
上司に叱られる
情報屋から犯人を見つけたとの報せが入る
一人で出ていく

夜のバーで犯人とはちあわせる
追いかける
路地に追い詰める
犯人が何者かに射殺される


①~③の起承転結の一塊を

シークエンスと言います。

シークエンスは複数のシーン( 場面 )が集まってできた

出来事の一区切りのことです。

③のシークエンスを使って、

承の部分について解説しますね。

映画などで刑事が犯人を追いかけるシーンを思い浮かべて下さい。

人込みの中を追いかける。

必ず人とぶつかる。

犯人が道路を渡り、

刑事があとを追う。

すると、

クラクションを鳴らした車が前を通過して渡れない。

路地に追い込む時も、

フェンスによじ登らなければならなかったり、

犯人がごみ箱を投げつけてきたり、

何かしらの障害を加えます。

スムーズに目的を達成させないようにすることで

見応えを出しているのです。

シークエンスが長くなるにしたがって、

承の部分の割合は全体の8割に近づいていきます。

例外もありますが、

映画は基本的に細かな起承転結の積み重ねでできている

と思って下さい。

以上、ザックリと起承転結でした。

『 元飲食店マネージャーが教える美味しい食レポを書く方法 』

ココナラというスキルマーケットで販売しています。

食レポに特化していますが、様々な体験記や映画などのレビューにも応用できます。

興味のある方は、先ずはこちらを。

元飲食店マネージャーが教える美味しい食レポを書く方法