ブランディング × 映画

ブランド8 ブランディング

Twitter でフォロー

 

『 ブランディング × 映画 』

映画のパターンを使ってブランディングを語ります。

  • ジャンル
    アクション
  • 設定
    政府機関などの工作員。
    素性を隠して暮らしている。
    反抗期の娘を持つ冴えない親父。
  • 内容
    ある日、娘が犯罪に巻き込まれる。
    親父はその特殊な職業柄ゆえの犯罪に関する
    知識や対処能力を駆使して犯人と対決し娘を守る。

如何ですか? 

どこかで聞いた話ですよね?
細かい設定はさておき、このパターンの映画は多数あります。

  • 「 ジャグラー ニューヨーク25時 」
    主演 ジェイムス・ブローリン
    公開 1980年
  • 「 コマンド― 」
    主演 アーノルド・シュワルツェネッガー
    公開 1985年
  • 「 沈黙の聖戦 」
    主演 スティーヴン・セガール
    公開 2004年
  • 「 ダイハード4.0 」
    主演 ブルース・ウィリス
    公開 2007年
  • 「 96時間 」
    主演 リーアム・ニーソン
    公開 2009年
  • 「 ゲットバック 」
    主演 ニコラス・ケイジ
    公開 2012年
  • 「 ホワイトハウス・ダウン 」
    主演 チャニング・テイタム
    公開 2013年
  • 「 バトルフロント 」
    主演 ジェイソン・ステイサム
    公開 2014年

これらの映画が該当します。

設定に違いはあります。

でも、

大筋において同じパターンです。

内容は殆ど同じですが、全く別の映画です。

それは主人公が違うからに他なりません。

ブランディングの考え方も同じです。

例えば、

僕は文章術などのブログを書いています。

他にも文章術のブログを書いている人は大勢います。

内容は殆ど変わらないでしょう。

違うのは発信者です。

それぞれの人が

それぞれのサイトで

自分のカラーを出して

他のサイトとの差別化をしています。

別モノ = 差別化 = ブランディング

なので、内容は同じでも別モノになるのです。

あなたが作っていくサイトには、

あなたのカラーを出して下さい。

無料・ネットビジネスメール講座
ネットビジネス初心者さま向け、26日間で完結の無料メール講座です。

お申込みはこちらから ↓
無料・メール講座

詳しくはこちらから ↓
無料・ネットビジネス講座