就活 内定に向けての下準備 敬語を習得する方法

仕事というものを考える

Twitter でフォロー

 

『 就活 内定に向けての下準備 敬語を習得する方法 』

面接に向けて、

「 上手く話せるかな? 」

「 敬語がスムーズに使えるかな? 」

そんな不安を抱いていませんか?

そう思っているあなたは、接客のアルバイトをして下さい。

「 就活でバイトどころじゃないよ 」

そう思いましたか?

でも、こんな格言をご存知ですか?

【 急がば回れ 】

「 急いでいるのに回り道なんてとんでもない 」

そう思いますよね?

もしくは、

「 言いたい事は分かるけど 」

でしょうか。

物事はなんでもそうですが、

知識だけ吸収しても実際にはできません。

例えば、サッカーやバスケットボールなどのスポーツをしようと思った時に、

ルールやプレイに関する知識を得ても、実際にはできないのと同じです。

サッカーでドリブルをする時は、

ボールの下の方を蹴って軽くバックスピンをかけるそうですが、

この知識を得ただけでは実際にバックスピンをかけたドリブルはできませんよね?

知識を得た上で何度も練習をして体得します。

敬語も同じです。

参考書の類などを読んで覚えても、

普段から使っていないと話せません。

アルバイトをしなくても他人に敬語を使う機会があるのなら話は別です。

でも、そのような環境がないのなら是非、

接客のアルバイトをして下さい。

特にチェーンなどではない飲食店での接客をお勧めします。

なぜかと言うと、

お客様と話をする機会が比較的あるからです。

しかし、

お店によっては《  余計な会話は禁止  》というお店もありますので注意して下さい。

「 お待たせしました 」
「 ありがとうございました 」
「 〇〇でございます 」

これらのようなお決まりの言葉だけ使っていても駄目です。

会話をすることが肝心です。

アルバイト先では敬語を当たり前のように使うので、身に付いていきます。

また、しばらく働いていると様々なお客様が来店し、様々なハプニングが起こります。

どのようなケースにどのような言葉を使えばいいのか、調べると色々とでてきます。

「 こんな時、どんな敬語を使ったらいいのだろう? 」

そういう疑問を持つこと、それを調べること、そして実際に使うこと。

これを実行して下さい。

上手く話せない原因の一つが、言葉選びに迷ってしまうから。です。

話そうとする前に頭の中で

「 この言葉は正しい敬語かな? 」

などと探るのです。

そうすることによって不自然な間ができてしまいます。

発する声も弱くなってしまうので、

あなたの発言の信頼性が薄くなります。

敬語を使い慣れていると、言葉を選びながら話さなくて済みます。

敬語がスムーズにでてきますから、

「 上手く話せるかな? 」

という不安も持たずにすみますよ。

就活、内定がでるまでは本当にキツイですよね。

頑張って下さいね!

購入はこちらから ↓
元面接官が、自己アピールのコツを教えます 新就活生のあなたへ、面接に勝つ自己アピール力を付けましょう!

詳しくはこちらから ↓
面接が不安な就活生のあなたへ