エッセイ教室 課題:朝顔

エッセイ
エッセイ教室 課題:朝顔

「 種はなくとも 」

小学2年の理科の授業のことだった。

担任の佐藤先生が教壇に立ち。朝顔の種まきのレクチャーをした。

そして、一人ずつ教壇に呼ばれ、黒くて小さい朝顔の種を4粒ずつ受け取った。

「 これから裏庭の花壇に種をまきます。みなさん落とさないようにして持っていってください  」

私たちは男子一列女子一列の二列縦隊で廊下にならばされ、階段を下りて、靴に履き替え、裏庭にある花壇まで行進した。

花壇の前に立って佐藤先生が言った。

「 土に第一関節まで指を入れて穴をあけてください。そこに種を撒いて土をかぶせて下さい 」

遅まきながら、わたしは思った。

なぜ、裏庭にきてから、一人一人に配らないのだろう?

わざわざ教壇にもらいにいき、手のひらに乗せて校舎の二階から階段をおり、下駄箱で靴をはき、裏庭にまわるという手間を、何故かけさせたのだろう?

小学校2年生なんてまだまだお子様である。種を落とす可能性が大だろうに。

そんなひねくれた考えが脳裏に浮かんだ。

そして、これから種を撒くという、まさにその時、わたしは4粒の種を全て落としてしまった。

地面に落ちた種は行方がまるでわからない。

佐藤先生が「 じゃあ種をまきましょう 」と言っている。

密かに狼狽えているわたしに感づいた隣の子が「 種なくしたの? 」と聞いてきた。

わたしは、手近に落ちていた小石を三粒ほど手のひらにのせて、「 大丈夫。あった 」と言ってのけた。

そして、土に人差し指を差して穴をあけ、小石を埋めて土をかぶせ、回ってきたじょうろで水を与えた。

数日後、観察日記を書くために理科ノートを手に皆で花壇にいった。

芽が土を押し上げていたり、双葉が開いていたりと、皆の朝顔は、すべて芽吹いていた。

当たり前だが、わたしのそれはうんともすんとも言わない。

ただの地面があるだけだ。

当たり前だ。わたしが撒いたのは種ではなく小石なのだから。

それから一週間後。

奇跡が起きた!

遅まきながら芽が出た!

なんと、小石から芽が出たのだ!

いや、石だと思っていたものは種だったのかもしれない。

いやいや、それはないだろう。

一人だけ芽がでないことを不憫に思った先生が、こっそり植えてくれたに違いない。

皆は愛しい子供でも見るかのような目で、観察日記をつけていた。

ただ一人、種を落としたわたしは、他のみんなと比べ、いまひとつ愛情を注げないまま朝顔の成長をつづった。

エージロー

 

今回は季節をテーマに出題しました。
夏を感じる風物。
わたしは朝顔にしました。
ヒマワリでもスイカでも風鈴でも、夏を感じるものならなんでもOKです。

タイトルとURLをコピーしました