講師(教育)ビジネスについて語ります

Twitter でフォロー

※ メール講座Vol.21を記事にしています。

お疲れ様です! エージローです。

この講座も残すところわずかです。

今日は、ネットビジネスの行きつく先の講師ビジネスについてお話をします。

近年、人気のコンサルタントのお仕事にも通じるところがあります。

なので、講師でピンとこなくても、「 コンサルならイメージできる 」という人も読んでくださいね。

世の中には資格不要な職業がいっぱいあります。

飲食店を経営するのに調理師免許は必要ありません。

講師になるのも資格は不要です。

どこかに所属して講師業を行う場合に、独自に必要になることもありますが、あなたが起業して名乗る分には問題はないのです。

コンサルタントも同じです。

飲食店コンサルタント、美容系コンサルタントなど、いろいろとあります。

自分で勝手に作って名乗っている人が多くいますね。

僕の勝手な印象ですが、技術を伝えるチカラがないのに、「 コンサル、コンサル 」と言って格好つけて? いる人が多い気がします。

自分はできたということと、それを人に伝えて導いていくことができるチカラは別物です。

ちんぷに聞こえるかもしれませんが、「 名選手、名監督にあらず 」という言葉がありますよね。

まさしくその通りです。

もちろん両方できる人もいますけど。

そして、ここであえて言っておきたいことがあります。

名選手ではなかったとしても、名監督になれます。

例えば、万年補欠でも。

プロ野球などの世界では難しい部分はありますが、これからあなたが講師ビジネスをしようと思うなら、伝えるチカラをつければ大丈夫です。

僕は、高校時代に学力テストで学年最下位になったことがあります。

はっきりいって学力は低いですし、仕事の覚えも遅いほうです。

でも、いまは講師をしています。( 学業ではありませんが )

また、仕事を人から習っていて分かったことは、頭のいい人は教えるのが下手な人が多い。ということです。

これは、自分はサクッとできてしまったもんだから、時間をかけて身に付けていく人のことが分らないのです。

以前の職場にもいました。

頭のいい人の多い職場なので、仕事の教え方が下手な人の多いこと……

苦労しました。

この時に、「 こう教えてくれたら分かりやすいのに 」などと考えるようにしていたので、僕から新人の人には分かりやすく伝えることができました。

どうやったらもっと分かりやすくなるのかな? って、考えられる人は講師に向いていると思います。

今の時点で違ってもこれは意識ですから、心がけでできるようになりますよ。

そして、多くの人がどうして講師ビジネスをしたがるのかというと、

・ 感謝される。
・ 尊敬される。
・ 人から頼られる。
・ 自分の得意なことで稼げる。
・ 商品を扱わないので初期費用があまりかからない。

などなど、いいことばかりです。

なので、簡単に始めてしまう人が多いのです。

それに比例して、受講者さんがどんどん脱落して、講師ビジネス・コンサルティングを辞める人も多くいます。

講師ビジネス初心者の人の講義動画や音声を視聴したことがありますが、

・ 何を言っているのかわからない。
・ 早口で書きとめられない。
・ 話の内容がまるで入ってこない。

こんな人ばかりです。

なので、言ってみれば講師ビジネスはチャンスです。

伝えるチカラを身につければ、そこをおろそかにしているライバルなんて目じゃありません。

分からずに講師をしている人は伝わっていないこと自体がわかっていないのです。

なので、改善するという考えがおこらないのです。

ただ、これを自分で冷静に分析することは難しいです。

理由が分からずに「 どうして受講者さんたちが離れていくのかな? 」と思うだけです。

なので、客観的な意見が必要です。

友人とかでその分野に詳しくない人を相手に講義してみるとか、カリキュラムの教材を読んでもらうとか、するといいですよ。

あえて詳しくない人です。

詳しい人だと、分かっているのであなたの講義が分かりにくくても内容を理解できてしまうからです。

知らない人目線を持つことは難しいです。

なので、知らない人に伝えて、分かりやすかったかどうか教えてもらうといいですよ。

ブログで講師力について書いていますので、興味のあるかたは、「 講師力 」の記事を読んでみてください。

次回で最終回になります。

もう1通お付き合いください。

ではでは。

エージロー