欲望の代表格、エロ業界のコピーはなかなかすごい

※ メール講座Vol.16を記事にしています。

エージローです!

前回の記事になりますが、8つの欲求はいかがでしたか?

自分に置き換えると思い当たることばかりですよね?

ここではその①で紹介した生存に関するものについてフォローしますね。

子孫に命をつないでいくには、性行為は欠かせません。

「 人工授精があるじゃん 」という意地悪なツッコミは、なしでお願いします。

この生きるという部分においては根源的なものと、そうではないユトリの部分に訴える2パターンがあります。

女性のかた、すみません。

特に、シモの話題が苦手な人は読み飛ばしてください。

― ワ~~プ ―

では、

男性のみなさま、仕切りなおして。

エロって、もう欲望の代表格です。

そして、エロ業界はあなどれません。

コピーが上手いのなんの。

言葉を伏せるために〇を使っていますが、たいていの場合、どのように書きたいのか分かります。

エロ業界のコピーは、興味のない人からしたら笑っちゃうようなコピーが書いてあります。

しかし、

興味のある人にはバキューン! って、刺さるんです!( なぜか力説 )

性ってデリケートですし、本来であれば、密かにおこなわれる行為です。

それが明け透けに、そして興味深く、そして欲を刺激するように書かれているので、勉強になります。

そして、

この業界のコピーはテンプレートを絶対に外していません。

どのお店のホームページを見ても、同じパターンです。

しゃれた言葉なんて必要ありません。

露骨なほどにダイレクトです。

でも、

不思議と売り込みを感じさせません。

ひたすら、欲を刺激することを心掛けています。

一度、チラッと風俗店のホームページなんか覗いてみてください。( 自己責任で )

欲をうまく刺激していますよ。( なんで知ってるんだ? )

変態あつかいされそうなので、この辺で。

といいつつ、以前、早稲田大学の学生さんが、SNSで風俗の体験記を投稿していたらバズってしまったということがありました。

その人がビジネスにしていったのかは分かりませんが、「 無料で招待するので、是非お店の記事を書いて下さい 」というオファーが日本中の風俗店からきたそうです。

うらやま……

すごいですよね。

― ワ~~プ完了 ― 

女性のみなさま、お帰りなさいませ。

こんな感じで、人には必ず欲求があり、そこを刺激すれば購入する。という仕組みになっています。

このままだとシモの話が苦手な人には物足りなくなってしまうので、別の話で補足します。

例えば、

美容整形は、「 綺麗になりたい 」という、他人に認められたい欲求だと思っちゃいます。

でも、その先を考えます。

綺麗になって、「 A子よりもモテたい 」だと、他人に勝りたい、という欲求になるし、

「 会社の人とかに普通に接してもらいたい 」だと、社会的に認められたい、になりますよね。

まあ、どれに所属するのか、細かいことは考えなくて大丈夫です。

まるで重要ではありません。

肝心なことは、どこを刺激すべきか?

そこを見つけることなのです。

美容整形?

はいはい、綺麗になりたいんでしょ。

ということではありませんよ。

と、僕は言いたいのです。

そこからもうちょっとだけ粘って考えてみてください。

そこに刺激するポイントがあります。

では、

紹介する記事です。

キャッチコピーについて紹介していきます。

「 ネットビジネス初心者のための『 キャッチコピーって何? 』 」
http://entertainment-de.com/archives/1566

「 キャッチコピーの作り方 」
http://entertainment-de.com/archives/1571

「 キャッチコピーの作成に使える技術 」
http://entertainment-de.com/archives/1576

ではでは。

エージロー

タイトルとURLをコピーしました