文章を飾る必要なんてない。大根役者な文章は良くない

Twitter でフォロー

※ メール講座Vol.12を記事にしています。

エージローです!

コピーライティングにしてもブログ記事にしても、どうしても苦手だという人もいると思いますが、心配いりません。

お金さえ払えば、コピーを書いてくれる人はいます。

また、ブログの記事だって書いてくれる人もいます。

なので、文章がどうしても苦手でも、ネットビジネスができないかと言うと、そんなことはありません。

そこは得意な人に発注して、自分は自分に向いていることを担当すればいいのです。

逆を言うと、

やりたいこと、伝えたいことはあるのに、文章が上手くかけないという人がいるということは、書ける人にとってのビジネスが存在しているということです。

文章に興味がある人は、どんどん文章力を磨いてください!

情報発信とか、セールスレター( 広告 )では文芸的な文章表現は必要ありません。

いい文章は飾りが少ないのです。

「 大根役者 」って言葉を聞いたことがありますか?

この言葉の由来は複数ありますが、一つを紹介します。

大根は煮ても焼いても食あたりをすることなく食べられる食材です。

どう料理しても当たらないのです。

俳優さんの人気がでることを以前は当たると言っていました。

なので、どうやっても当たらないほど下手な俳優さんを大根役者と呼ぶようになりました。

では、

どう下手だから大根役者と言わせるのでしょうか?

演技は自然に演じられることが求められます。

特に映像作品に関しては自然な演技が必要です。( 意図的に大げさにすることもあります )

それが演技力の評価の多くを占めています。

大げさな演技、不自然な演技は評価が下がります。

これ、文章も同じです。

不自然な言葉で飾った文章はクサイです。

不自然に飾る必要はありません。

本当にシンプルなほどいいのです。

上手いこと書いてやろうとか気負わなくて大丈夫ですから、なにしろ書いてください!

今日、

読んで頂きたい記事は2つです。

以前、この講座で取り上げたターゲティングがまた登場です。

「 コピーライティングは何を意識して書くのか? 」

コピーライティングは何を意識して書くのか?

「 コピーライティングはターゲティングを意識して言葉を選ぶ 」

コピーライティングはターゲティングを意識して言葉を選ぶ

ではでは。

エージロー