コピーライティングはお客さまの本当に欲しいものを見つけて刺激する

コピーお客様の欲しい BIZする文章術
コピーライティングはお客さまの本当に欲しいものを見つけて刺激する

お客さまが本当に欲しがっているものが何か把握していますか?

コピーライティングでは、お客さまがどうなりたくて、その商品を欲しいのかを知ること、そしてそこを刺激することが必要になってきます。

「 何が欲しいですか? 」と、質問しても、答えが返ってこないことが多くあります。

それは、お客さま自身が何を求めているのか、自覚していないからです。

これ、多々あります。

ダイエットを例にしてみます。

ダイエットをしたいと思っている人に、「 どうしてですか? 」と質問をすると、「 やせたいから 」という返事がきちゃいます。

でも、どうしてやせたいのか、その先が人それぞれにあります。

なので、コピーライティングの時に、「 これを飲めばやせますよ 」だけでは弱いのです。

「 やせたらどうしますか? 」

この質問の答えが、その人の欲しているものです。

そこを見出して、刺激ワードにするのです。

では、試しに、

Q やせたらどうしますか?

A 着れなくなったワンピースを着る。
A 元カレに別れたことを後悔させる。
A ビキニを着てナイトプールにいく。

このような答えが返ってきたとしたら、これらが刺激ワードになります。

これを、そのまま使っちゃいます。

例えば、

ダイエットサプリ販売のコピーなら、

―― このサプリを一日1回飲めば、

・ 着れなくなったお気に入りのワンピースをまた着ることができますよ。

とか、

・すっかり別人のようになって元カレに別れたことを後悔させましょう。

とか、

・流行りのビキニを着て友達とナイトプールで思う存分遊べますよ。

とか、

このように書きます。

刺激ワードそのままですよね?

お客さまは、ただ漠然とやせたいわけではないんです。

そもそもどうしてやせたいのか? 

それがあるから、やせたいと思う。

その、そもそもが刺激ワードなのです。

で、これらの刺激ワードは、あなたの想像で書くのではなく、リサーチをすることをお勧めします。

見込みのあるお客さまに、じかに聞くのがベストですが、それができない場合は、ダイエットサイトをいくつも見てください。

刺激ワードが転がっているはずです。

それらを集めて使ってください。

例えば、

お客様の声とかに、「 本当に一日に1回飲むだけでびっくりするぐらいやせました。おかげでタンスの奥にしまいっぱなしになっていたお気に入りのワンピースを着ることができました! 」

とか、あると思うので探してみてください。

お客さんの欲しているものを突いて刺激して行動してもらいます。

お客さんがどんな自分になりたいのか? 

そこを理解することがコピーを書く際に一番大事なのです。

コピーライティングでは

お客さまの本当に欲しいものを見つけて刺激

してくださいね。

ではでは。

タイトルとURLをコピーしました