講義( セミナー )の台本作り

講座台本 講師力

Twitter でフォロー

 

『 講義( セミナー )の台本作り 』


行き当たりばったりで講義をする人はいないと思いますが、

その準備について欠かせない台本作りのお話をします。

この記事では、台本作りに必要な3点を紹介します。

  • 重要なポイントを決める( 見つける )
  • 構成して台本を書く
  • 反論と質問への準備をする

では、順番にいってみましょう。


1 重要なポイントを決める( 見つける )

あなたが行なおうとしている講義では何を伝えたいのかをしっかりと決めてください。

伝えたいことを伝えるための講義です。

そのことを、あなた自身が意識しておきます。

って、当たり前ですね。

でもでも、気をつけないと、いつの間にか違うことしていたりします。

大掃除していたんだけど、アルバム見ているとか。

ネットで調べものがあって検索していたんだけど、関係のないサイト見ているとか。

よくありますよね?

これを念頭にいれた上で資料にあたります。

『 アウトプットするためにインプットする 』

そういう意識です。

先ずは、重要なポイントを見つけ出します。

そうしたら、それを裏付ける根拠となるものを探します。

信頼できる研究所などの実験データとか、政府など公の機関が発表したデータとか、です。

見つけた根拠はこんな感じで使います。

例えば、

「 これは1998年にプリンストン大学の××教授が実証実験をおこなって~~こんな結果がでています 」と、いう感じです。

また、たとえ話も用意します。

たとえ話をすると受講者さんたちは「 なるほどねー 」と、ふに落ちやすくなります。

納得してもらうことがとても大事です。

2 原稿を作成する

構成をきちんとしましょう。

難しいことはありません。

構成はパターンです。

決まっています。

そのパターンにあてはめればいいだけです。

1でピックアップしたものをあてはめるだけです。

その構成ですが、

1 前置き
2 結論
3 理由
4 説明
5 結論

この順番です。

かるく当てはめてみます。

1 〇〇は××に対してどんな働きをするのかについてお話します。

2 結論を言うと、○○は△△な働きをしています。

3 どうしてかというと~~だからです。

4 その根拠ですが、××大学の教授がこんな実験をしました。その結果~~

5 これらの、実験結果などから、〇〇は××に対して△△な働きをしていると言えます。

こんな感じです。

それぞれ同じ分量ではありません。

4が一番長くなるはずです。

これ、意外に思うかもしれませんが、スポーツのレッスンでも使えます。

例えば、テニス教室にて、

1 今日のテニス教室では、ボレーの練習をします。

2 ボレーは4種類あります。その4つを身につけてもらいます。

3 ボレーを身につけると相手にプレッシャーをかけられますよ。

4 先ずは、ブロックボレーですが~~( と、説明をします )( 実際にやってもらいます )

5 いかがでしたか? 身についたでしょうか? ボレーをマスターすると相手にプレッシャーをかけることができるのでマスターしましょう。

こんな感じです。

これをさらに細かくしますと、

1 では、ブロックボレーからはじめます。

2 ブロックボレーはネット際のプレーです。

3 これができるようになると、コートの前でプレーができます。

4 ではやってみましょう(ここで練習にはいります)

5 どうでしたか? ブロックボレーはコートの前でのプレーに有効なので是非見につけてください。

このようにして

1 前置き
2 結論
3 理由
4 説明
5 結論

の順で話していきます。


※ ざっと適当に書いたので、中身はスルーしてくださいね。

補足:

文はできるだけ短く、シンプルにすること。

分かりやすい簡単な言葉をつかうこと。

専門用語はさけること ( その言葉の意味などを伝えるのならOK )

3 反論の準備

あなたが準備した講義の内容にたいして、どんな反論がくるのか?

またはどんな質問がくるのかを予測して、その回答を準備しておきます。

また、反論がこないように、台本を書く時点で予防線をはることもできます。

例えば、

「 これに関しては××だという意見もあります。実際に私も検証しましたが、××よりも〇〇の方が信頼できるので、ご紹介しました 」などなど。

こんな感じで先に言っておくと、余計なやりとりをしなくて済みます。

このようにして台本を用意します。

質問への対処法は、こちらで紹介しています。

講義( セミナー )中の困った質問の対処法

よかったらこちらも参考にしてください。

講義( セミナー )でアリストテレスの説得の3要素を使う

講義( セミナー )の台本作りのための3点でした。

ではでは。

 

無料・ネットビジネスメール講座
ネットビジネス初心者さま向け、26日間で完結の無料メール講座です。

お申込みはこちらから ↓
無料・メール講座

詳しくはこちらから ↓
無料・ネットビジネス講座