講義( セミナー )中の困った質問の対処法

講義不測の質問 講師力

Twitter でフォロー

 

『 講義( セミナー )中の困った質問の対処法 』

講義台本を作ったら、

どのような質問がくるのかを想定しておくといいのですが、

まさしく想定外な質問を投げかけられることがあります。

この不測の質問は厄介ですよね。

そこで、困った質問への対処法を3つご紹介します。

◇ 1 宿題

毎週行われているような、

次回がある講座でしたら、

素直に

「 宿題にしてください 」

と言ってしまいます。

気をつけたいのは、

その場でメモをとり、

絶対に忘れないことです。

宿題をだす立場なのに、

忘れてしまってはしゃれになりません。

以前、

ある講義を受けたときに、

この宿題を忘れた講師がいました。

半年の間に2回。

「 もしかしたら、結局わからなくて、うやむやにしているの? 」

などと、勘ぐった自分がいました。

信用できなくなります。

なので、

絶対に忘れないで下さい。

◇ 2 質問返し

単発の講座だと宿題というわけにはいきませんよね?

そこで、

少し姑息ですが……

「 ちなみに〇〇さんは、どういう意見をおもちですか? 」

などと、

質問を返します。

場合によっては数回。

答えを聞いているあいだに返答を考える。

という手です。

または、

「 Aだと思う人 」「 Bだと思う人 」などと、

他の受講者さんに投げかけて

挙手をしてもらいます。

その集計をふまえてまとめるなどして

答えとします。

質問内容によって応用してみてください。

また、

充分な準備をしてきたのに答えられない質問

というのは、

小難しいことを言っている可能性があります。

「 全員にわかる言葉でもう一度いってもらえますか? 」

と、頼んでもいいでしょう。

言葉が変わると

こちらもふに落ちることもありますので。

◇ 3 伏線

これが一番おすすめです。

講義の最初に、

「 あとで時間をとります。質問がありましたら、その時にお願いします 」

と、言っておきます。

そして、質問タイムになったら、

「 これから質問をお受けしますが、私もすべての質問にお答えできるわけではありませんが、可能なかぎり答えていきますので、よろしくお願いします。あと質問は今日の講義内容についてです。( 彼女いますか? くらいならお答えしますけどね )では、質問をお受けします 」

このように言えば大丈夫です。

( )は場の空気次第で。

言ういわないは、お任せします。

◇ 補足

受講者のなかには、

質問をしづらい人もいます。

大勢がいるなかで、

「 はい 」と手をあげて発言するのは勇気がいります。

可能なら、あなたは教壇から降りて、

後ろまでゆっくりと歩きながら

「 質問ありませんか? 」と声をかけます。

そして、教壇には後ろむきのままで戻りましょう。

もし、質問時間があまったら、

「 過去にこんな質問がありました 」と言って、

その質問と答えを話しましょう。

以上、

講義( セミナー )中の困った質問の対処法でした。

 

無料・ネットビジネスメール講座
ネットビジネス初心者さま向け、26日間で完結の無料メール講座です。

お申込みはこちらから ↓
無料・メール講座

詳しくはこちらから ↓
無料・ネットビジネス講座