講義( セミナー )で話す内容を忘れてしまった時の対処法

講義、話忘れた 講師力

Twitter でフォロー

 

『 講義( セミナー )で話す内容を忘れてしまった時の対処法 』

 

講義で話している最中に、

突然、

頭のなかが真っ白になったことはありますか?

焦りますよね?

焦れば焦るほど、挙動不審になったりして、

「 えーと、えーと…… 」と

一生懸命にひねりだそうとするけれど……

結局、しどろもどろになってしまう。

よろしくない状況です。

この対処法は、

ズバリ、

カンペを持っていく。

です。

「 そんなことかよ! 」

なんて怒らないで下さいね。

でも、もうこれに尽きるんです。

僕は、この事態にそなえて、

万が一ど忘れしても、それを読み上げればいい。

というくらいまで書き込んだ、

講義の台本を用意していきます。

これを持っていくだけで、

もしも忘れたらどうしよう?

という不安はなくなります。

なので余計な緊張はしなくてすむ、

という効果もあります。

台本は教壇の上に少し傾けて置きます。

文字は大きめです。

これで姿勢を崩さなくても、

目線をちらっと落とすだけですみます。

話をすすめながら、

さり気なくペラっとめくって、

進行状況にページをあわせていきます。

以前、調子がよく、

スラスラと言葉がでてきたので、

ページをめくらずにいたら、

ポカンと抜けてしまったことがありました。

その時は、

「 あれ、すみません。抜けちゃいました。ガン見します 」

と言って、
おもむろにページをめくり、

台本をじっと見つめてから、話を進めました。

正直に言ってしまうというか、

それをわざわざ強調してユーモアに変えました。

クスクスと笑われましたが、

場が和みました。

うろたえて探すよりも、

このように堂々と探すほうが印象は悪くはなりません。

でも、何度も台本をガン見するのはよくありません。

不信感が生まれてしまいます。

しかし、

講師も人ですからね。

調子が悪いときもあります。

そこで、

しっかりと見たいのだけど、

それをさり気なくしたい。

というときは、

マジシャンの基本的なテクニックを使います。

隠したいところから注意をそらすだけです。

教壇で使えそうなのは2つほどあります。

先ずは、

水を飲む。です。

「 ちょっと失礼します 」といって、

用意しておいたペットボトルを手にとってふたを開ければ、

たいていの人は、

自分のとったノートを見たりして目をそらします。

飲食( ここでは水を飲む )は本能でする行動です。

人が本能でしていることを

じっと見るのは気まずいものです。

特に日本人はそういった礼儀のようなものに敏感ですから、

水を飲んでいる講師をじっと見るようなことはしません。

なので、そのすきに、

しっかりと台本を見てください。

もう1つは、

ホワイトボードに何かを書く。です。

そこまでの講義内容で大事なことを書いて、

「 これはとても大切なので、ノートに書き留めてください 」と言えば、

ボードに書かれた文字とノートに集中します。

なので、そのすきに、

しっかりと台本を見てください。

なんだか、

「 ごまかし方 」という言葉のほうが

お似合いな内容になってしまいましたが、

以上、

『 講義で話す内容を忘れてしまった時の対処法 』

でした。

 

無料・ネットビジネスメール講座
ネットビジネス初心者さま向け、26日間で完結の無料メール講座です。

お申込みはこちらから ↓
無料・メール講座

詳しくはこちらから ↓
無料・ネットビジネス講座