アドリブでスピーチをする時のテンプレート

アドリブスピーチ 講師力

Twitter でフォロー

 

『 アドリブでスピーチをする時のテンプレート 』


いきなり「 話せ 」と言われて

困ったことはありませんか?

ここでは、

アドリブでスピーチをするときのテンプレートを紹介します。

そのテンプレートは、

日本人の殆どの人が知っている、

とある昔話をつかいます。

突然、話すことになるケースが多いのは、

冠婚葬祭でしょう。

そのような場に出席することは前もって分かっているのですから、

頼まれていなくても用意していくといいですね。

ただ、

そうそうあることではありません。

用意しても、

話す機会がないことが何度も続くと、

準備するのも面倒になってやめてしまいます。

でも、

そういう時に限って

スピーチなどを頼まれてしまうのは何故でしょう?

ビジネスの世界などでは、

5W1H を使って話す。

なんて言われていますが、

これ、すべて分かりますか?

それに、

とっさになんて出てきませんよね?

そこで、

日本人ならほとんどの人が知っている

『 桃太郎 』の冒頭を使います。

桃太郎といえば、

―― むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんが、いました。

ですね。

むかしむかし → いつ When

あるところに → どこで Where


おじいさんとおばあさんが → 誰が Who


いました → 何をした What

Why と How がありませんが、これで充分です。

Why ( なぜ? )と、

How( どのようにして )は基本的には必要ありません。

急遽なのですから、

そんなに多くをカバーする必要もありません。

ここはできるだけシンプルにいきます。

例えば、

思い起こせば、10年前です。 → いつ

駅前のカルチャースクールで → どこで


僕は先生と → 誰が


出会いました。 → 何をした

となります。

さらに続くエピソードも

この順で話していきます。

そう言えば、入会してまもなくでした。 → いつ

スクールの近くのカフェで → どこで


先生と → 誰が


ばったり会ったことがありました。 → 何をした

その時、 → いつ

カウンターにいた → どこで


先生が → 誰が


大きな声で僕を呼んで、恥ずかしい思いをしました。 → 何をした

いかがでしょうか?

取りあえず

脈絡のある話になっていますよね。

最初は、

テンプレートを意識して話してみてください。

話しているうちに当時のことを思い出して、

次第に調子も上がっていきます。

ちなみに、以下は僕の経験した話です。

冠婚葬祭によばれるたびに、

密かに話を準備して出席していたのですが、

全くご指名はかからず、

いつからか面倒になって準備せずにいました。

ところが、

お世話になった先生の送別会で、

いきなり乾杯の発声を頼まれてしまいました。

その時に、

以前、だれかから教えてもらった

この桃太郎テンプレートを思い出し、

急場をしのぎました。

講師という人前で話す仕事をしていると、

依頼する側も「 慣れているだろう 」とか、

「 他の人よりは話せるだろう 」という考えで、

突然のスピーチを振ってくるんですよね。

あなたにも突然の指名がきたら使ってみてください。

無料・ネットビジネスメール講座
ネットビジネス初心者さま向け、26日間で完結の無料メール講座です。

お申込みはこちらから ↓
無料・メール講座

詳しくはこちらから ↓
無料・ネットビジネス講座