人前で話すときに緊張をしない方法

緊張 講師力

Twitter でフォロー

 

『 人前で話すときに緊張をしない方法 』

講師のお仕事は

人前で話すことがほとんどだと思いますが、

( 添削講師などもありますけど )

講師に限らず、

人前で話すって緊張しますよね?

ここでは、

緊張しない方法をご紹介します。

早速いってみましょう。

緊張しない方法は3つあります。

1 アンカリングする

2 心構え

3 先に親しくなる

この3つです。

では順番にお話していきます。


◇ 1 アンカリングする

アンカリングとは、

「 条件付け 」のことですが、

そう言われてもピンときませんよね?

ゲン担ぎの一つと言えばいいでしょうか。

元メジャーリーガーのイチロー選手が

バッターボックスに入って

バットを立てて袖をちょっと引っ張る仕草とか。

ラグビーの五郎丸選手が

キックする前に膝を軽くまげてお尻をプリっと突き出し、

位置の高い浣腸ポーズ( ごめんなさい )をするとか。

アンカリングはポーズだけではなく、

勝負曲を聴く、

などもあります。

テニスの錦織圭選手や、

フィギュアスケートの羽生結弦選手など、

実に多くの選手が試合前に勝負曲を聴いています。

これがアンカリングで、

集中力を高めるために行っています。

どうしてこのようなことをするのかというと、

条件反射を利用するのです。

「 パブロフの犬 」って

知っている人は多くいるとは思うのですが、

軽く話します。

パブロフという人が犬にエサを与える前に、

必ずベルを鳴らすようにしていました。

そしてある時、

エサを与えないのにベルを鳴らすと、

犬が反射的によだれを垂らした。

という実験のお話です。

この反射をつかって、

あなたの緊張を意図的に解くようにするのです。

とあるダンサーの方は、

舞台袖でジャンプを3回して深呼吸を一度し、

小さな声で「 よし 」と呟いてから

舞台に出ていきました。

講義の前に頬を両手でパンパンと軽くたたいて、

教室に入っていく講師もいます。

知人のギタリストさんは

レコーディングの前にアルコールを一杯飲んで、

スタジオに入っていました。

( これはあまり真似しないほうがいいですね )

これらがアンカリングです。

目的は、

良いパフォーマンスをするためです。

試してみて下さい。

ちなみに僕は、

大事な講義の時は勝負パンツをはいていきます (笑)

もう一つ、

◇ 2 心構え

方法ではなくて心構えです。

自分のする講義の内容を

「 伝えたい 」という気持ちを

しっかりと持つことです。

「 伝えなくては 」ではなく

「 伝えたい 」です。

「 なんだよ、言葉のアヤじゃん 」と

思われそうです。

似ていますが、違います。

「 伝えなくては 」という考えだと

使命感からプレッシャーがかかります。

プレッシャーは緊張につながります。

これを「 伝えたい 」という気持ちにすることで、

積極的にその場にでていくことができます。

練習だと上手くいっていたのに、

本番だと失敗ばかりする人がいます。

はい、僕です……

プレッシャーに弱かったですね。

中学生の時にバスケットボールの授業で

シュートをじゃんすか決めていたのに、

試合になったらまるでシュートが決まらない。

期待外れなやつでした……

今でもプレッシャーに弱いところはありますが、

当時と比べたらはるかに強いです。

さらにもう一つ、

◇ 3 先に親しくなる

講義によってはできないかもしれませんが、

始まるまえに、

教室の入り口などにたって、

受講者を出迎えます。

「 こんにちは、今日はありがとうございます 」

などと声をかけます。

きちんと顔を見て挨拶しましょう。

なぜこんなことをするかというと、

本番前に軽くでも接触をすることで、

親近感をつくることができるからです。

顔をみて声をかけておくだけで違います。

もう何年も前ですが、

友人の結婚披露宴で

前日になって急にスピーチを頼まれたことがありました。

当日、

式場にいくと200人近い出席者がおりまして、

緊張が込み上げてきました。

出番は式の真ん中ほどのタイミングでした。

さらに、

僕は披露宴のビデオ撮影を頼まれていました。

しかし、

この撮影が逆に緊張を和らげることになったのです。

新郎新婦がお色直しで中座している間に、

出席された全員の席をまわって、

お祝いの言葉をカメラに向かってしゃべってもらいました。

このことで、

僕はその会場にいる全員と

軽く接触したのです。

「 2人にお祝いの言葉をお願いしまーす 」

「 ありがとうございましたー 」

くらいですが、

このことで全く知らない人はその場にいないことになります。

これだけのことですが、

司会者さんから名前を呼ばれて

マイクの前に立ち、

そこにいる200人を前にしても緊張はしませんでした。

いえ、正直ちょっとしましたけど、

膝がガクカクするとか、

手がブルブルふるえるとか、

そんなことはありませんでした。

だって、

そこにいるのは、

ついさっきまで顔をあわせて

言葉を交わした人たちばかりなんですもん。

今でも、講義の始まる時は、

入り口で受講者さんたちを迎えて

「 こんにちはー 」と

声をかけるようにしています。

よかったら試してみてください。

 

無料・ネットビジネスメール講座
ネットビジネス初心者さま向け、26日間で完結の無料メール講座です。

お申込みはこちらから ↓
無料・メール講座

詳しくはこちらから ↓
無料・ネットビジネス講座