講義( プレゼン )の準備・練習をする

講師力 講師力

Twitter でフォロー

 

『 講義( プレゼン )の準備・練習をする 』

講義についてお話をしているのですが、

プレゼンにも同じことが言えるので、

(プレゼン)という言葉もタイトルに付け足しました。

講師の仕事の段取りは3つに分けられます。

・準備

・練習

・本番

この3つです。

何事も準備と練習が大切です。

そうすれば、

安心して本番をむかえられます。

スポーツ選手もそうですよね。

身体をつくって準備をし、

練習をして試合勘をつかみ、

試合本番に挑む。

準備と練習をしっかりして、

試合では最高のパフォーマンスを発揮するわけです。

入念に準備、練習をしておけば、

     ⇓

  • 緊張しなくなる
  • 話を信じてもらえる
  • 満足のいく講義になる

このような結果をだすことができます。

では、この3つについて解説していきます。

◇ 1 緊張しなくなる

緊張は不安からきます。

「 上手く話せるかなー 」

「 失敗しないだろうなー 」

このような不安は

練習することでカバーできます。

人前に立つという

事実だけで緊張をすることもあります。

この克服には

「 慣れ 」が必要だなんて言われます。

まさに、その通りです。

好きな女の子を初めてのデートに誘うときは

緊張したのではないでしょうか?

ドキドキしながら、メールとか打ったりして。

学校でクラス替えがあった時、

最初は緊張しましたよね?

どんな人たちがいるのか、

さり気なくキョロキョロ見まわしたりして。

就職の面接の時もそうですよね?

僕は緊張のあまり、

おでこから大量の汗が流れてきて、

必死にハンカチで拭いた記憶があります。

でも、何回か会ったり、

その場に通っているうちに緊張って薄れてきましたよね?

あなたも経験があると思います。

これが慣れです。

「 え? やっぱり慣れが解決策ですか…… 」

そうなんです。

慣れです。

でも、「 慣れて下さい 」では無責任なので、

少しでも緊張を和らげる方法をご紹介します。

こちら→人前で話すときに緊張をしない方法

その前に、

◇ 2 話を信じてもらえる

準備と練習をきちんとすることで、

自信をもって話すことができます。

自信をもって話せるということは、

言い切れるということです。

言い切ることはとても大切です。

あいまいな説明では信頼性が低くなり、

信じてもらえません。

例えば、

「 マスクだったら、あそこのドラックストアで売ってるかもよ 」

よりも、

「 あそこのドラックストアでマスク売っているよ 」

と言い切ったほうが、

信用できませんか?

さらに例えば、

プロポーズの時に、

「 君を幸せにできないかもしれないけど、よかったら結婚してくれたらいいなー。だって先のことなんて誰にも分からないし、一応ウソはつきたくないから 」

その人なりの精一杯の言葉かもしれませんが、

頷く女の人はいますか?

それなら、

「 絶対に幸せにする。未来は分からないというけれど、この言葉がウソにならないように俺は君のことを幸せにするために努力する。だから結婚して欲しい 」

このように言い切った方がいいですよね?

( まあ多様化してしまった今のご時世、好みはあるのかもしれませんが )

そして、

自信のないプロポーズが、

どうしてこんな言葉になってしまったのかというと、

それは根拠がないからです。

自分の未来という

不確かな情報を言い切ることはできないからですね。

そう考えると誠実なのかな? 

って思ってしまいますね。

だとすると、

言い切った方は不誠実なのか? 

そうではありません。

言い切った方は、

自分の未来に展望があるから言い切れるのです。

これまで積み上げてきた仕事などの実績から

自分の未来に自信があり、

根拠がもてるのです。

なので、

言い切ることができたのです。

このように、

自分の話す情報に確たる根拠があるべきです。

言い切れるようにするには、

あなたが話す情報が正しくなければいけません。

これは、

準備がしっかりとしていることが前提となりますね。

◇ 3 満足のいく講義になる

信じてもらうには、

それなりの説明が必要になります。

しっかりとした説明は説得力になります。

説得力のある話は

聞いている人を頷かせることができます。

この頷きは、

ふに落ちるからできるのです。

ふに落ちる、

すなわち納得です。

納得させる方法というものは

いくつかあるのですが、

ここでは簡単に1つお話します。

信頼できる情報の提示をするのです。

この記事を書いているのは2020年3月。

新型コロナウイルス騒動のさなかです。

そんな話題をもとにちょっとした情報を拾ってみました。
…………………………………

いま、

アメリカは日本への渡航制限を検討していますが、

実は、

以前にもこのようなことがあったのです。

東京都感染症情報センターの資料によると、

2018年は風しんの大きな流行がありました。

( 中略 )

10月22日には米国疾病予防管理センター( CDC )から

予防接種や過去の感染歴がない妊婦は

日本に渡航しないよう勧告がなされました。

と、あります。

この資料からわかるように、

新型コロナウイルスよりも、

脅威の低い、風しんで

制限がかけられています。

今回どのくらいの制限をするのかは

まだ分かりませんが、

なにかしらの渡航制限をかけることは確実でしょう。
…………………………………

このように話すことができます。

資料は東京都感染症情報センターという機関が

公に発表しているものですので、

信頼できますよね。

このように、

公とか、その分野で権威のある人の見解など( 信用できないものもありますけど…… )を

使うことで、

話に信ぴょう性がでてきます。

こういったものを使用して

受講者の信頼を得ていきます。

また、このような情報は

知識欲も満たされますね。


ちょっと突っ込んだ話になっちゃいました (笑)

ということで、

まとめます。

本番でいい結果を得るためには、

準備、練習が大切になってきます。

これから講師をしてみようと思っているかた、

いま一度、

自分の講義を見直してみようというかた、

当たり前といえば、

当たり前のことを書きましたが、

大事なことです。

念頭においてみてください。

ちょっとしつこいですが、

緊張を和らげる方法は

こちら→人前で話すときに緊張をしない方法

ではでは。

 

無料・ネットビジネスメール講座
ネットビジネス初心者さま向け、26日間で完結の無料メール講座です。

お申込みはこちらから ↓
無料・メール講座

詳しくはこちらから ↓
無料・ネットビジネス講座