セールスコピーの真意を見抜く方法

コピー5 コピーライティング

Twitter でフォロー

 

『 セールスコピーの真意を見抜く方法 』

この記事ではセールスコピーの真意をどうやって見抜くのか、

その方法についてお話します。

僕もライターの端くれなので、

こんなことを明かすのは「 どうなんだろう? 」と迷いました。

あれこれと言葉を使って文章を書いている自分の首をしめかねない行為ですから

……って、大袈裟ですね。

ぼく自身、「 気をつけなくちゃ 」ってことで書いてまいります。

この記事を読んでいるあなたは、

色々なサイトやメルマガなどに出会ってきたことでしょう。

その中で、同じことを何度もくり返し書いている文章を

見かけたことはありませんか?

もう、しつこいくらいの。

さらには、これでもか!

というくらいの修飾語の雨あられ。

また、「 圧倒的 」とか「 加速度的 」とか「 絶対的 」などなど、

強調単語の連発。

このようなセールスコピーの文章を見かけたら、

試して頂きたい方法があります。

くり返し書かれる同じ内容は一つだけ残して削除。

圧倒的 」とか「 驚異的 」とかも削除。

奇跡のような 」「 不思議なくらい 」「 全て 」「 必ず 」これらも一つ残らず削除。

そうです、書いていなくても意味が通じる言葉を全部とってしまう

すると、

その文章の本来の姿が現れます。

誤解してほしくないのですが、

コピーライターは「 ウソをつこう、だましてやろう 」

そう思って書いているわけではないということです。

ようは魅せ方の問題なのです。

例えば、「 圧倒的 」「 加速度的 」「 絶対的 」などなど。

力強さがあって自信を感じませんか?

ええ、

これらは意図的に用いているのです。

だって、

弱気な文章からは商品・サービスの魅力は伝わりませんもの。

例えばこんなセールスコピーがあったとします。

弊社の商品〇〇は、

圧倒的な利用者様の数を誇っております!

昨年、ご利用者様の人数が5万人を超えました!

『 今までの自分はなんだったんだ! 』

その方たちの多くから、

このような絶賛の声を頂いております!

絶対的な支持が商品の魅力を裏付けています!

ご利用者様には必ずといっていいほど実感していただけます。

あなたも奇跡の体験をして下さい! 

加速度的に全てが変わります!

お試し頂いたその直後、

きっとあなたも口にしているはずです!

『 今までの自分はなんだったんだ! 』

過剰に書きました。

なんだか胡散臭い。 (笑)

余計な言葉をけずって箇条書きにしてみます。

商品〇〇の利用者さまは5万人を超えた。

ほとんどの人が褒めている。

それが商品の魅力の裏付け。

あなたにも使ってもらいたい。

今までの自分とは違う自分になれる。 

これで伝えたいことが見えますよね。

まだ上記のセールスコピーは短い方です。

同じことを伝えるために5倍、

いえ、すごいものだと

20倍くらいの文章量になっています。

「 いくらなんでも過剰だよなー 」

そう思ってしまうセールスコピーをいくつかお見かけしたので、

この記事を書きました。

でも、見抜いてやろうと思って、

この記事を読んでいる人はいないのではないか。

と思っています。

ほとんどの人が

コピーライティングの知識を得ようとしている方でしょう。

なので、逆をいってしまえば、

セールコピーは何度も同じ内容をくり返したり、

過剰なくらいに修飾語をつかったり、

強調しすぎたりしないようにして書いてみて下さい。

かといって削りすぎもよくありません。

ためしに、飾りをおさえて書いてみます。

弊社の商品〇〇は、

5万人を超える利用者様から支持され、

お褒めの声を頂いています。

それが商品の力であると自負しています。

あなた様も是非、ご利用ください。

今までとは違う自分に出会えるはずです。

そっけないですよね?

最初の文章の方がチカラがありますよね?

遠慮して書くとそっけなくなってしまいます。

書くときはバランスに気を配ってください。

どれくらいがベストなのかはなんとも言えません。( 無責任? )

どれくらい配分するのかは

商品やクライアント、ターゲットによって違ってくるからです。

伝えたいこと、

その真意を上手に発信していきましょう。

僕も含めて。

追伸: 文章を長くするのは、他の狙いもあったりするのですが、それについてはまたの機会に。

無料・ネットビジネスメール講座
ネットビジネス初心者さま向け、26日間で完結の無料メール講座です。

お申込みはこちらから ↓
無料・メール講座

詳しくはこちらから ↓
無料・ネットビジネス講座