表現力を身に着ける方法

表現力 文章の基礎

Twitter でフォロー

 

『 表現力を身に着ける方法 』

表現力というものは、

簡単に身に着くものではありません。

普段から意識をすること。

その積み重ねによって着くものです。

では、この表現力をどのようにして身に着けていくのか?

その方法をお話します。

近年、「 老若男女問わず使われるようになったなー 」と、

僕が感じた言葉が「 やばい 」です。

対面で会話をしている時であれば、

表情などから言いたいことは伝わってきます。

これが文章だとしても、

話の流れがきちんとしていれば、

言いたいことは分かります。

でも、あなたの表現力を向上させるのなら、

「 やばい 」以外の言葉を使うべきです。

とはいえ、

ずっと使ってきた言葉を簡単に変えることはできませんよね?

それに大抵の言葉は、

反射的に発しています。

なので、

矯正することは簡単ではありません。

でも、文章は、書いてから読み返せますし、

必要があれば書き直せます。

あなたが、「 やばい 」と書いていたのなら、

それがどうして「 やばい 」のか、

その理由を考えてみて下さい。

例文

「 このスイーツやばい

 手直し文

「 このスイーツは今まで食べたなかで、一番おいしくてやばい

例文

「 先輩に告白された。マジやばい

この出来事は

嬉しいのか、

迷惑なのか、

分かりませんよね?

手直し文

「 先輩に告白された。とても嬉しくて、やばい

このように「 やばい 」の前に

その理由を書き込みます。

そうしましたら、

文章から「 やばい 」を

消して下さい。

手直し文

「 このスイーツは今まで食べたなかで、一番おいしい 」

「 先輩に告白された。とても嬉しい 」

いかがですか? 

「 やばい 」が

不要だと分かりますよね?

このようにして、

どうしてそう思ったのか

その理由を書くことで、

気持ちが分かりやすくなります。

なにより文章から幼稚さがなくなります。

この表現で充分かというと、

完璧とは言えません。

「 おいしい 」という言葉も、

どうおいしいのか、

まだ具体的に表現できます。

でも、ここは表現力を鍛える第一歩です。

「 やばい 」を多用するよりも、

はるかに良いです。

「 やばい 」に限らず、

日常生活で意味の広い言葉がまだまだあります。

「 イケメン 」なんかもそうですね。

どのようなイケメンなのかを、

考えてみて下さい。

こうして普段から意識することで、

表現力は次第に鍛えられていきます。

前 「 文章を書く心構え 」

『 元飲食店マネージャーが教える美味しい食レポを書く方法 』

ココナラというスキルマーケットで販売しています。

食レポに特化していますが、様々な体験記や映画などのレビューにも応用できます。

興味のある方は、先ずはこちらを。

元飲食店マネージャーが教える美味しい食レポを書く方法