伝わる文章にするために 思いついたことをそのまま書かない

思いついた 文章の基礎

Twitter でフォロー

 

『 伝わる文章にするために 』

③ 思いついたことをそのまま書かない

ここでは伝わる文章を書くための方法をお話します。

思いついたことをそのまま書かないこと。

その 3です。

文章を書いているうちに、

つい思いついたことを書いてしまうことがあります。

その表現は浮いてしまったり、

意味が違ったりして、

伝えたいことが明確に伝わらなくなります。

例文

朝、出勤するとき玄関わきに、

壊れた姿見を粗大ゴミとして出した。

夕方、帰宅すると、

まだ回収されていなかった。

姿見が夕日を反射していた。

その時あらためて、

生活を共にした姿見を見て思った。

 共に歩き、共に探し、共に笑い、共に感じ、共に選び、共に泣き、共に背負い、共に抱き、共に迷い、共に築き、共に願い……そんな日々を過ごしてきた姿見。 

「 この家に住んでいる人がこれを使っていましたよ 」と

私のプライベートをご近所中に知らせたみたいで恥ずかしくなった。

この例文はコブクロの

「 永遠に共に 」の歌詞が

挿入されています。

黄色いハイライト
の部分がそうです。

つい、

「 生活を共に 」

という言葉に引っ張られて

出てきたのでしょうか?

感傷的な気持ちの代弁にも合う曲だと思いますが、

この文章で一番伝えたいことは、

―― 私のプライベートをご近所中に知らせたみたいで恥ずかしくなった。 ――

ということです。

黄色いハイライト
の部分がまるまる不要です。

もう一つ、例を挙げます。

以前、

知人と共同で仕事をした時のことです。

それぞれが個別に原稿を書いて、

何度か会って調節していくということで始めました。

しかし、1回目、2回目、

ともに知人は全くと言っていいほど

原稿を書いてきませんでした。

その時のお詫びメールをご紹介します。

例文

一度ならず二度までもご迷惑をおかけしてすみません。

今度こそは満身創痍で取り掛からせてもらいます。

満身創痍というと、

全身傷だらけの状態のことです。

または、非難を受けることです。

知人は怪我でも病気でもありませんし、

もう一つの意味をそのまま受けとめると、

僕が非難をしてそのことで心を痛めているみたいです。

それだと僕に対する嫌味になります。

「 自分、けっこうボロボロなんですよー 」

という気持ちが

書かせてしまったのでしょうかね。

よく知っている人でしたから

そうではないことは分かりますけど。

相手によっては謝罪文のはずが、

機嫌をそこねてしまいます。

くれぐれも、

思いついたことをそのまま書かないように

気を付けましょう。

前 「 意味が二通り受け取れる言葉は使わない 」

次 「 話を散らさない 」

『 元飲食店マネージャーが教える美味しい食レポを書く方法 』

ココナラというスキルマーケットで販売しています。

食レポに特化していますが、様々な体験記や映画などのレビューにも応用できます。

興味のある方は、先ずはこちらを。

元飲食店マネージャーが教える美味しい食レポを書く方法