伝わる文章にするために 意味の広い言葉はできるだけ使わない

意味の広い言葉 文章の基礎

Twitter でフォロー

 

『 伝わる文章にするために 』

① 意味の広い言葉はできるだけ使わない

ここでは伝わる文章を書くための方法をお話します。

意味の広い言葉は使わないこと。

その 1です。

意味の広い言葉っていきなり言われても何だかわかりませんよね?

言いたいことの意味が複数受け取られてしまう言葉のことです。

例えば、

「 海に行った 」と書いてあります。

その海は

砂浜? 港? 太平洋のど真ん中ですか? 

それに、

沖縄、湘南、ハワイ、ドーバー海峡かもしれませんよ。

極端なことを書きましたが、

これが広い意味を持つ言葉です。

例文

××監督は人を描くのがとても上手い。

××監督は映画監督だとして、

どんな人をどんな風に描くのが上手いのでしょう?

見えてきません。

手直し

××監督は逆境に立たされた人をコミカルに描くのが上手い。

如何ですか?

例文と比べて、

より良く伝わりますよね?

例文

リサイクルが当たり前になったのも、エコロジーへの関心が高まったからだ。

『 リサイクル 』『 エコロジー 』この言葉も、

もう少し具体的にしたいですね。

手直し文

ペットボトルなどのリサイクルが当たり前になったのも、地球温暖化防止など環境問題への関心が高まったからだ。

言いたいことが具体的に見えます。

例文

飲食店にて、新人さんに向かって、
「 お客様にはつねに気配りをして下さい 」

気配りと言われても

どうすればいいのでしょうか?

手直し文

「 お客様から呼ばれたら直ぐに対応できるように、見える場所にいて下さい 」

これでどうすればいいのかが分かります。

逆に、

狭い意味の言葉を使わない方がいいときもあります。

例えば、

最初の『 海 』ですが、

全員知り合いの、小さな島に住んでいる人が、

同じ島民に「 家の前の海に行った 」などと説明するのは余計です。

このような場合は「 海へ行った 」でいいのです。

わかりきったことをわざわざ書く必要はありません。

なので、

意味の広い言葉はできるだけ使わないようにして下さい。

次 「 意味が二通り受け取れる文について 」

『 元飲食店マネージャーが教える美味しい食レポを書く方法 』

ココナラというスキルマーケットで販売しています。

食レポに特化していますが、様々な体験記や映画などのレビューにも応用できます。

興味のある方は、先ずはこちらを。

元飲食店マネージャーが教える美味しい食レポを書く方法