「 てにをは 」は、文章をくり返し読んで身につける

てにをは 文章の基礎
「 てにをは 」は、文章をくり返し読んで身につける

『 てにをは 』聞かなくなりましたね。

 真実 人 私 

上記のように、『 て に を は 』を用いているから『 てにをは 』と言うわけではありません。

漢文を読解するときの法則が元になったそうです。

『 てにをは 』は助詞のことです。

 母

『 が 』や『 も 』も『 てにをは 』になります。

この『 てにをは 』は、文法上の規則性が複雑です。

分かりやすく解説された書籍はまだありません。

当然、僕にも無理があります。

感覚で身に付けていくのが現状です。

ですので、例文をいくつか挙げることにします。

× 劇団員全員登場する
○ 劇団員全員登場する
○ 劇団員全員登場させる
× 私何かよくないことが起こるように思える
○ 私には何かよくないことが起こるように思える
○ 私何かよくないことが起こるように思
× 子供の頃では思いつかなかった遊びだ
○ 子供の頃には思いつかなかった遊びだ。
× 友達のアパート寝泊まりしている。
○ 友達のアパート寝泊まりしている。
× 改めて親の大切さ気が付いた。
○ 改めて親の大切さ気が付いた。
× 彼好きです。
○ 彼好きです。
× 前回でも言ったが、彼女を怒らせるな。
○ 前回言ったが、彼女を怒らせるな。
× ローストビーフ酢飯巻いた。
○ ローストビーフ酢飯巻いた。
× 観たかった映画やっている。
○ 観たかった映画やっている。
× 結婚式での写真を見てみたい。
○ 結婚式写真を見てみたい。
× 1週間前では雨が全く降らなかった。
○ 1週間前雨が全く降らなかった。
× 新婚旅行でのお土産をもらった。
○ 新婚旅行お土産をもらった。
× オーストラリア行ってみたい。
○ オーストラリア行ってみたい。
○ オーストラリア訪ねてみたい。

『 行く 』と『 訪ねる 』は同じ意味なのに、『 に 』と『 を 』で助詞が違います。

このような使い方もあるので、法則を確立しづらいのでしょう。

最後に助詞を抜かしている例を紹介します。

× 犬 大好きで5匹も飼っている。
○ 犬大好きで5匹も飼っている。

× 会うたび 彼女のことを好きになった。
○ 会うたび彼女のことを好きになった。

改めてみると僕も怪しいものがありました。(笑)

普段から意識をしないといけませんね。

ちなみに、

『 ローストビーフ酢飯巻いた 』は、この記事を書いているときに、テレビ番組でレポーターさんが言った言葉です。

明らかに酢飯のローストビーフ巻きでした。

意識していると、日常で目や耳にする言葉の違和感に気がつくようになります。

揚げ足などをとらないようにして、あなたの文章力の向上につなげて下さい。

ではでは。

エージロー

前 かみ合った文章にするために 述語を抜かない 一貫性 因果関係

次 列挙する時は品詞をそろえる

『 元飲食店マネージャーが教える美味しい食レポを書く方法 』

ココナラというスキルマーケットで販売しています。

食レポに特化していますが、様々な体験記や映画などのレビューにも応用できます。

興味のある方は、こちらから

まとまりと表現力のある文章を書くコツを紹介してます 元飲食店マネージャーが教える美味しい食レポを書く方法 | 文章の書き方・アドバイス・感想 | ココナラ
あなたは食レポ・ブロガーさんですか?それとも、食レポ・ユーチューバーさん?こんな悩みはありませんか?・まとまりのある文章が書けない。・表現力がとぼしい。―― ま...
タイトルとURLをコピーしました