かみ合った文章にするために 述語を抜かない

述語抜かない 文章の基礎

Twitter でフォロー

 

『 かみ合った文章にするために 』

④ 述語を抜かない

ここでは食い違いのない文章を書くための方法をお話します。

文章をかみ合わせること。

その 4 です。

主語はなくても文は始まりますが、述語なしで文は終わりません。

そんな述語ですが、書き忘れることがあります。

『 体力を使う 』 『 知力を使う 』は、述語が同じなので、『 体力と知力を使う 』のように共用することができます。

『 本とテレビを観る 』これはおかしいですよね?

『 本 』は『 読む 』ものですから『 本を読んでテレビを観る 』となります。

例文

お電話での問い合わせは受け付けておりません。

ホームページのQ&A欄か、メールでお問い合わせください。

『 Q&A欄か 』の述語がありません。

手直し

お電話での問い合わせは受け付けておりません。

ホームページのQ&A欄を参照していただくか、メールでお問い合わせください。

例文

このお店でアルバイトをしてよかったことは、美味しいまかないだけでなく、人との接し方を学べたことだ。

『 美味しいまかない 』の述語がありません。

手直し

このお店でアルバイトをしてよかったことは、美味しいまかないを食べられただけでなく、人との接し方を学べたことだ。

では、ちょっと考えてみて下さい。

例文

僕がネットビジネスを始めた時に、知人からバカにされました。悔しさと、絶対に稼いでみせると思いました。

『 悔しさ 』の述語が抜けていますね。

手直し

僕がネットビジネスを始めた時に、知人からバカにされました。悔しさを感じると共に、「 絶対に稼いでみせる 」と思いました。

述語がないと文がかみ合わないことを分かって頂けたと思います。

会話なら通じることでも文にすると違和感がありますよね。

気を付けましょう。

前 「 目的語と述語 」

次 「 因果関係 」

『 元飲食店マネージャーが教える美味しい食レポを書く方法 』

ココナラというスキルマーケットで販売しています。

食レポに特化していますが、様々な体験記や映画などのレビューにも応用できます。

興味のある方は、先ずはこちらを。

元飲食店マネージャーが教える美味しい食レポを書く方法