文章を簡潔にするために 余計な前置きを削る

文章 前置き 文章の基礎

Twitter でフォロー

 

『 文章を簡潔にするために 』

⑤ 余計な前置きを削る

ここでは分かりやすい文章を書くための方法をお話します。

なにしろ文章は簡潔にすること。

その 5 です。

文字数をかせぐために

余計な前置きを書く人がいます。

余計な前置きは、

言いたいことがぼやけてしまいます。

思い切って削りましょう。

同じ職場に心理学部の大学生がいました。

「 『 殺意の領分 』という話を読んで主人公の心の動きを分析しなさい 」

という課題に頭を抱えていました。

「 レポートの枚数が多すぎだ 」

と言っていました。

あまりにも困っていたので、

前置きを伸ばす提案をして書いてあげました。(笑)

私が先ず、

『 殺意の領分 』というタイトルを目にして感じたのは、

とても人の心の奥深くをえぐるような作品だということです。

そこで、

『 領分 』という言葉に注目し、

先ずはその意味を調べることから始めました。

何故、

『 領分 』という言葉を用いたのか? 

どうして

『 領域 』ではないのか? 

そこにこの作品の作者の意図があるのではないか? 

非常に気になりました。

このような書き始めでした。

文字数をかせごうという魂胆がモロバレです。

この後ものらりくらりと書きまして、

レポート 1 枚くらいはかせいだ覚えがあります。

?十年前の若気の至りですので、

時効ということで。(笑)

それにしても、

課題意図からずいぶん遠いところから始めています。

いつになったら本題にたどり着くのでしょうか?

知りたい情報がでてこないと、

読み手はイライラします。

注意して欲しいのは、

自覚がないまま余計な前置きを書いてしまうことです。

こうしてしまう人は

思いついたことをそのまま書きます。

なにしろ書き始めることで本題への道筋をつけようとします。

そして書いているうちに、

なんとか本題にたどり着きます。

もしくは無理矢理つなげます。

いずれにしても

分かりやすい文書にはなりません。

学生の文字数かせぎなら

教授の苦笑いで済むかもしれません。

でも、

情報発信の記事や、企画書、提案書などにおいては、

伝えたいことが伝わらなくなります。

苦笑いでは済みません。

書き終えたら確認して下さい。

折角書いた文章でも、

余計な前置きは思い切って削りましょう。

前 「 必要なつなぎ言葉 」

  • 『 殺意の領分 』は 弘兼憲史さんの『 ハロー張りネズミ 』という漫画の一話です。講談社・週刊ヤングマガジン・全24巻

『 元飲食店マネージャーが教える美味しい食レポを書く方法 』

ココナラというスキルマーケットで販売しています。

食レポに特化していますが、様々な体験記や映画などのレビューにも応用できます。

興味のある方は、先ずはこちらを。

元飲食店マネージャーが教える美味しい食レポを書く方法