文章を簡潔にするために 必要なつなぎ言葉

文章つなぎ言葉 文章の基礎

Twitter でフォロー

 

『 文章を簡潔にするために 』

④ 必要なつなぎ言葉

ここでは分かりやすい文章を書くための方法をお話します。

なにしろ文章は簡潔にすること。

その 4 です。

「 文章を簡潔にするために 3 」では、接続詞などは削れるときがあるとお話しました。

その例外をこの記事ではお話します。

  • 順序立てて物事を説明していくとき

例文

僕がネットビジネスを始めた理由は二つあります。

先ずは、仕事の将来性に疑問を感じていたからです。

「 これからAIの時代に突入し、人の仕事がどんどんと減っていく 」

と、よく耳にします。

僕の働いている工場でもロボットの導入を検討し始めました。

人件費の削減だそうです。

「 僕の仕事がなくなるのも時間の問題ではないか? 」

不安で仕方がありませんでした。

次に、「 稼げます 」

という言葉につられたからです。

工場の月給は手取り15万円です。

いくらなんでも少なすぎます。

最近、彼女ができたのですが、

デートは割り勘です。

プレゼントを買ってあげることもできません。

たまには割り勘ではなくて、

おごってあげたいし、

プレゼントも買ってあげたいのです。

如何ですか?

「 先ずは 」と「 次に 」と書くことで、

それぞれが、

理由その 1 と、その 2 だとハッキリします。

読み手に親切なので残します。

  • 話の方向が変わる場合

削ると不親切な文になってしまうことがあります。

前の文と後の文で話の方向が変わる場合は、

つなぎ言葉を残します。

例文

天気予報によると、

今日の降水確率は10%だ。

傘を持って出かけた。

それは、

「 帰りの時間帯に夕立の可能性がある 」と

祖母が言ったからだ。

祖母の予感は雨曇レーダー以上なのだ。

如何ですか?

違和感ありますよね?

「 傘を持って出かけた。 」という文の前に

「 だけど 」といれてみます。

また、「 それは 」は余計なので削ります。

手直し

天気予報によると、

今日の降水確率は10%だ。

だけど、傘を持って出かけた。

「 帰りの時間帯に夕立の可能性がある 」

と祖母が言ったからだ。

祖母の予感は雨曇レーダー以上なのだ。

いかがでしょうか?

「 でも 」「 しかし 」「 とは言え 」など、

逆接のつなぎ言葉は残しましょう。

話の方向が変わったことが分かります。

前 「 文と文をつなぐ言葉を削る 」

次 「 余計な前置きを削る 」

『 元飲食店マネージャーが教える美味しい食レポを書く方法 』

ココナラというスキルマーケットで販売しています。

食レポに特化していますが、様々な体験記や映画などのレビューにも応用できます。

興味のある方は、先ずはこちらを。

元飲食店マネージャーが教える美味しい食レポを書く方法