文章を簡潔にするために 文と文をつなぐ言葉を削る

文章 つなぐ 文章の基礎

Twitter でフォロー

 

『 文章を簡潔にするために 』

③ 文と文をつなぐ言葉を削る

ここでは分かりやすい文章を書くための方法をお話します。

なにしろ文章は簡潔にすること。

その 3 です。

一文を短くするために句点をうって文を区切ると簡潔になります。

「 文章を簡潔にするために 1 」

この記事でお話しました。

その際に接続詞などで、

前と後ろの文をつなぐことがあります。

この文をつなぐ言葉を削ることで、

更に文章を簡潔にできます。

例文

どしゃ降り雨の中を二人で歩いて行くと、たどり着いたのは寂れた商店街だった。

この一文に句点を入れます。

どしゃ降り雨の中を二人で歩いて行った。

そして、たどり着いたのは寂れた商店街だった。

このように手直しをします。

ここで考えるのは

接続詞の「 そして 」が

なくても意味が通じるかどうかです。

手直し

どしゃ降り雨の中を二人で歩いて行った。

たどり着いたのは寂れた商店街だった。

いかがですか?

意味は通じますよね?

一文だったものを二文にすると、

つなぎ言葉を付けたくなります。

でも、

なくても意味が通じることがよくあります。

注意して下さい。

実際に手直しをするときは例のように二段階で考えず、

句点を打って分ける時点でつなぎの言葉が必要か考えましょう。

例文

鉄板料理を出すときに、「 熱いのでお気を付けください 」と言っているのは、以前やけどをしたお客様がいたからだ。

手直し

鉄板料理を出すときに、「 熱いのでお気を付けください 」と言っている。

それは以前、やけどをしたお客様がいたからだ。

いかがですか?

「 それは 」は書いていなくても意味が通じますよね?

このように削ってみて下さい。

前 「 意味が重複している言葉を削る 」

次 「 必要なつなぎ言葉 」

『 元飲食店マネージャーが教える美味しい食レポを書く方法 』

ココナラというスキルマーケットで販売しています。

食レポに特化していますが、様々な体験記や映画などのレビューにも応用できます。

興味のある方は、先ずはこちらを。

元飲食店マネージャーが教える美味しい食レポを書く方法